景行天皇伝説

『日本書紀』によると、昔、熊襲が背いたということで征伐をしに景行天皇自ら九州を周りました。征伐後、帰りに田浦の入江に休憩し、そこから船に乗って出発(お立ち)されました。そこがいつしか人々の間で御立岬(おたちみさき)と呼ばれるようになったと言われています。

歴史の探究心をくすぐる「景行天皇伝説」。あなたの心も刺激されませんか?


伏木氏地区星座観測コミュニティ広場から見た御立岬。海釣り広場やキャンプ場が一望できます。


温泉センター近くにある三県展望所から見た夕日です。